17歳後を想像してみる

地元に83歳の祖母がいます。
春に病状が悪化し、危機の手術を受けました。
手術を担当してくれたドクターには「再び一年中遅かったらほんとに危なかった」と言われ、家中が心拍した数日間を過ごしました。
今では全く回復し、元気に身辺を送っています。
そういう祖母のかかりつけのお先生のドクターがテレビで100歳過ぎの元気なおばあちゃんを見たらしく、100歳まで先17階級頑張ろうね、と祖母を励ましたそうです。
その励ましを受け、真新しいミシンを買ったからひ孫の為にも頑張るわ、と呼び出しがありました。
我が家の4歳と1歳にウエアを作るべく、100歳まで頑張る為にもミシンを新調したようで弾んだ会話で話してくれました。
17階級先、ぼくは50歳になっていて、上の輩が21歳に、下の輩も18歳です。
毎日が忙しくて精いっぱいなのに、祖母からの一言で17階級後の将来を想像してしまいました。
次男や娘がどんな大人になっているのかは勿論、ぼくや主人がどんな風に年齢を重ねているのか気になってしまいました。ベルタ葉酸サプリを飲んで体が楽になりました

ケータイの調子が悪いです

近頃携帯の調子が悪い気がしてなりません。使用して約4時世がたっているせいか、特にバッテリーの持ちが悪くなりました。
そこで悩んだ末に初々しいバッテリーを購入したこと、随分とそれは発展されましたが、いよいよモバイルバッテリーはかかせません。
次に動きがものすごく遅くなりました。アプリケーションのアップデートをしていくにつれ、稼働が遅くなったり、開いたアプリケーションが何だか始動しなかったり、必須卒業になったりと面倒が増えるアプリケーションが増えてきました。
アプリケーション傍らの障碍かな?と最初は思ったのですが、おんなじアプリケーションを利用している友人はサクサクと動作しているので、そうではないようで…。
多々面倒が増えてきているものの、何度となく落としてはいるものの、スクリーンが割れたりヒビが入ったりすることなく使えてますし、
落とした拍子に液晶コンポーネントが端っこかけたりもしましたが、独りでにもとに戻ってたりするので、引き続き使えそうなので。
初々しい部門に変更するといっても、どうしてもふところに窮屈ので、多少はこういうスマホでいく狙いです。マイナチュレは、コスパが最高です

赤いきつねvsどん兵衛

過日マルくんの赤いきつねうどんをやっと食べました。
本当は、生まれてから一際こういう赤いきつねだけは食べたことがなかったのです。

食べるのはしょっちゅう太陽清のどん兵衛で、スーパーマーケットに行くとうどん系のカップ麺は概してことごとくどん兵衛を買っています。
理由は昔から食べ慣れている味覚だからというのと、他のうどん系のカップ麺の中ではシックなトーンながらも老舗のうどん屋を彷彿させるプログラムから高級そう・美味しそうという見解に見えるからです。

日清食品自身も元々は大阪スタートというため、関西に住むボクにとっては非常に友だちが奥深いというのも魅力の一つです。
チキンラーメンのひよこくんや宅配はじめ丁の小児が阪神タイガースのユニフォームを着ているヘルプチャートも昔から見ているので、太陽清のカップ麺=関西という見解がものすごく激しいです。

と、意外と見解ばかりでどん兵衛ばかり買っていたのですが、絶えずおんなじというライフを変えるひとつとして、軽装食べているカップ麺とは違うのも食べてみたいというため、近頃赤いきつねを食べたというわけです。

やっと食べましたが、見解とは異なり非常に美味しかったです。
既成概念を変えないといけないなと思わされました。ニキビ跡になる原因があります

青春が蘇る養豚場の香り

私の独身時代からの友人は、結婚した今でも、旦那さんと一緒に彼女の実家に住んでいます。

学生時代は、しょっちゅう彼女の家に行ったり、彼女が私の家に来たりしていました。テスト前夜は泊りがけで一緒に勉強したことも。でも、大学進学をきっかけに、たまにメールをする程度になりました。Man peaking over the edge of a desk

先日、赤ちゃんが生まれた彼女の家に約10年ぶりに遊びに行って、懐かしいなぁと思ったのですが、懐かしかったのは、彼女との楽しいおしゃべりの時間だけでなく、匂いもでした。

彼女の家は養豚場が近くにあり、風向きのせいで彼女の家があるあたりはいつもすんごい臭いんです。部屋の中は常に空気清浄機がついていて、夏も窓は開けられないので、クーラーフル稼働。

だから、家の中は臭くないのですが、別れ際に玄関を一歩出て、ムワーッと臭った時、妙に懐かしい青春時代の匂いだと思ってしまいました。

養豚場の匂いが青春と結びつくなんて、なんだか嫌だけど、もっとすごいのは彼女。よく、あんなところで、赤ちゃんを育てる気になったもんです。